FC2ブログ

ついでに駄文だよ!ホワイトデーネタだよ。

どうも、SS担当のタイヤキです。

今回は、ついでに駄文も投下です。

バレンタインデーネタの続き的なもので、ホワイトデーネタで一つ。

フェイトの初ホワイトデーな感じです。
以下からどうぞ(※百合注意)

----------------------------------------------------
【はじめてのホワイトデー side F】

「なのは、アリサ、すずか、あのね…」

昼休み。
お弁当も食べ終わって、今は皆でおしゃべり中。

「ん?…どうしたのフェイトちゃん?」

いつも私が戸惑っているとなのはが真っ先に聞いてくれる。
私は勇気を振り絞って、言葉を続ける。

「あのね、これ。バレンタインのお返し…なんだけど。」

と、私は鞄にいれていたバスケットを取出し皆の前に置いて蓋を開ける。

「わぁ~!これ、クッキー?フェイトちゃんが作ったの?」
「おお~!すごいじゃない、フェイト」
「う、うん。この間のバレンタインでは何にも用意できなかったから
 今回はちゃんと準備してみたんだ。」

いっただきますと言って、すずかとアリサは私の作ったクッキーをおいしそうに頬張る。
その様子を見て、私はホット胸をなでおろす。どうやら味は問題ないみたいだ。

「さ、なのはもどうぞ」

私は、隣で目を輝かせて見ているだけのなのはにもクッキーを勧める。

「あ、ありがとう。フェイトちゃん!!」

私たちは、皆でクッキーを食べながら昼休みの残り時間を楽しく過ごした。


――その日の帰り道。
今日もアリサとすずかは習い事らしく、なのはと二人きりの帰り道。
途中から話題は今日のクッキーのことになった。

「今日のクッキーおいしかった~、フェイトちゃんお料理上手なんだね!」
「あ、ありがとう。なのは」
「でも、よく今日がホワイトデーだって知ってたね、自分で調べたの?」
「うん、テレビを見てたら、たまたまホワイトデー特集をやってて…
 今日は、バレンタインのお返しをする日だって…。」
「にゃはは、なるほど。それで皆にも配ってたんだ。」

実はバレンタインの日、私は3人以外からもチョコを貰っていたので
今日はその子たちにもクッキーを配っていった。
その間、なんとなくだけどなのはの顔が沈んでいたように見えたけど、気のせいだよね。

「それでね、なのは。実はなのはにもう一つ渡したいものがあるんだ。」

私は、そう言うと鞄を開けて小さな箱を取り出す。

「なのはからはバレンタインの時に2つ貰ったから、お返しも2つ用意したんだ。」

言葉をつづけながら、取り出した小さな箱をなのはに手渡す。
なのははすごく驚いているようで、自分に向けられた箱を条件反射的に受け取っている。
少し顔が赤いのは、夕日のせいだろう。

我に返ったなのはは、私の顔とその箱を何度も見比べた後、とても嬉しそうな顔をして私に抱きついてきた。

「ありがとう、フェイトちゃん!すっごく嬉しい!!」
「なのはに喜んでもらえて良かった。」

私はなのはにギューっとされ、心が温かくなるのを感じながらそっと背中に手を回すと、
自分の背中にかけられている力が少しだけ強くなったような気がした。

その後の帰り道は、ずっと二人で手を繋いで帰った。
なのははずっとニコニコしていて、その笑顔はとても可愛かった。

(終わり)



----------------------------------------------------
スポンサーサイト



テーマ : 魔法少女リリカルなのは
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タイヤキ

Author:タイヤキ
サークル「前に詰めて下さい」のページです。
『魔法少女リリカルなのは』と『プリキュア』ネタが多いです。

【メンバ―】
タイヤキ:SS担当
こじょ :表紙・挿絵担当
てんぷら:ドット絵、その他

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR