FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なのはちゃん、誕生日おめでと~~♪

なのはちゃん、誕生日おめでと~♪
絵は描けないのですが、皆さんがなのはちゃんイラストを投稿しまくっていて
羨ましくなったので、SS投稿です!!←

----------------------------------------------------------------
【恒例! なのはの誕生日イベント】

   ◇◆◇

「なのは~! 誕生日おめでとう!」

「フェイトちゃん!?」

 名前を呼ばれたなのはは驚いた表情で、嬉しそうに手を振って駆け寄ってくるフェイトを見つめる。
 今日は、三月十五日――――なのはの誕生日だ。
 ミッドチルダでも地球同様に、誕生日が休日になるような文化はなく、なのはは今日も一日業務に励んでいた。そこへ、突然出張中のはずのフェイトが姿を現し、なのはは目を白黒させた。

「フェイトちゃん、今日出張じゃなかったっけ?」

 はぁはぁと息を切らせているフェイトに疑問を投げかけると、ルビーのようにきらきら輝く瞳をいっぱいに広げて、

「なのはの誕生日に、仕事なんてしてられないよ♪」

 と、弾んだ声で返される。その柔らかい声が胸の奥にじんわりと広がって、なのはは不覚にも言葉に詰まってしまう。昨日、通信でフェイトと会話をしたときは、確かに出張先に居たはずなのに、今こうしてこの場に一緒にいてくれている。その事実がとても嬉しかった。

「はい、なのは! 誕生日プレゼント♪」

「え!?」

 おまけに誕生日プレゼントまで用意してくれたようだ。綺麗にラッピングされた小箱を渡されて、なのはは職場ということも忘れて、フェイトに抱きついてしまいたくなった。
 そんな気持ちをぐっと堪えて、丁寧に包装を外して小箱の蓋を開けると、そこには綺麗に飾られたチョコレートが入っていた。

「も、もしかしてこれ、……フェイトちゃんの手作り?」

「うん、そうだよ♪」

 まさかと思って聞いてみたら、ためらいもなく返ってきた答えに、なのはは再び驚愕する。出張中のどこにそんな余裕があったのだろう。小さなハート型の上に細かな装飾が施されたチョコレートは、一つ一つその装飾内容も違っていて、見た目がとても可愛らしい。それだけで、フェイトの愛情が伝わってきて、なのはは胸の奥がきゅんとなった。

「……ありがとう、フェイトちゃん。とっても嬉しい♪」

 少しだけ涙ぐんでしまったせいか、僅かに声が震えてしまった。
 気づかれてなければいいなと、思いながら顔を上げると、大きな紅い瞳が嬉しそうに笑っていて、何だか見透かされているようで少し恥ずかしくなった。

「なのは……!」

「きゃぅ!?」

 そんなことを考えていたら、唐突にフェイトに抱きしめられてしまって、なのはは小さく声が漏れてしまった。職場の人達はなんて思うだろう、と余りにも現実的な考えが最初に浮かんで、少し可笑しくなった。次に、久しぶりにフェイトの匂いに包まれて、安心したように力が抜けてしまった。
 ずっとこうしていたいな、とつい欲張りな想いが脳裏をかすめる。
 ずっととは言わないが、せめてあと十分……。なのはがそんな事を考えていると、

「あ、やっぱりここに居た! フェイトさん!!!!」

 と、ティアナの叫び声が聞こえてきて、なのはは驚いた。
 飛び退こうとしたなのはだったが、フェイトの抱きしめる力は強く、簡単にはその腕を振りほどく事が出来そうになかった。その為、なのははフェイトが離してくれるのを待つ以外に選択肢はなかった。
 ツカツカと、ハイヒールの音が近づいてくる。

「フェイトさん!!!!」

「やだーーー!」

 子供を叱る親のようなティアナの声の後に、子供の様に駄々をこねるフェイトの声が聞こえてきて、なのはは大まかに現状をはあくした。ぎゅっと抱きしめてくるフェイトの腕に甘えたい気持ちを押し込めて、なのははぽつりとつぶやく。

「フェイトちゃん……ダメだよ、仕事サボっちゃ」

「さ、さぼってないもん!」

「…………フェイトちゃん」

 声のトーンを落として呟くと、なのはの意図を理解したのか、フェイトはびくりと肩を震わせて押し黙る。なのははもう一度フェイトの名前を呼ぶと、彼女は諦めたようにその腕の力を弛めた。
 なのはは顔を上げると、今にも泣き出しそうなフェイトの瞳と視線が重なる。

「フェイトちゃんがウチに帰ってきたら、その時はいっぱい甘えさせてね♪」

 なのははそんな彼女に、甘えるような声で胸の内をこっそり伝える。その言葉に、一瞬驚いたフェイトだったが、すぐにへにゃりと目尻を弛ませて、「わかった」と小さく返してくれた。
 その後、やっぱり中々その場を離れようとしないフェイトに、ティアナは彼女の耳を引っ張って連れて行ってしまった。
 
「――フェイトちゃん、ありがとう♪」

 フェイト達の居なくなったフロアで、なのはは誰にも聞こえないように小さく呟くのだった。

(おわり)
----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ : 魔法少女リリカルなのは
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タイヤキ

Author:タイヤキ
サークル「前に詰めて下さい」のページです。
『魔法少女リリカルなのは』と『プリキュア』ネタが多いです。

【メンバ―】
タイヤキ:SS担当
こじょ :表紙・挿絵担当
てんぷら:ドット絵、その他

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。