FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイフレ17お品書き&新刊サンプル

みなさま、ごきげんよう。SS担当タイヤキです!
突然ですが、9/10のレイフレ17に参加します!!
二週間で、新刊書きました・・・薄い。。。しかも、表紙も二週間で書いてもらいました♪(鬼)
というわけで、まずはお品書きです、ドン!
お品書き_A4

そして、新刊のサンプルです。
以下からどうぞ~
----------------------------------------------------

「カシスオレンジ」

     ◆◇◆

「ねぇ、リコ。私、美味しいお酒の飲み方を覚えてきたんだけど、今夜、一緒に飲まない?」
 ある土曜日、すっかり待ち合わせ場所に定着した駅の改札口で、みらいはリコと会うと、開口一番にその提案を口にした。
「え?」
「いやほら、リコ、この間お酒あんまり好きじゃないって言ってたから、何か良い方法はないかなって」
「まさか、みらい。わざわざ探してくれたの?」
「うん、だってリコと一緒にお酒飲みたかったんだもん!」
 みらいは、中学の頃と変わらない屈託のない笑顔で答える。一方のリコは、少しぎこちない笑顔だ。
 リコは以前、二十歳になった記念ということで一度だけ家族と飲んだことがある。しかし、アルコール特有の匂いが好きになれず、最後まで美味しく飲むことができなかった思い出があり、その話を一か月ほど前にみらいに話したばかりだった。
「無理にとは言わないけど……」
 リコが乗り気ではないことに気づいたみらいは、シュンとして肩を落とす。
「べ、別に、嫌とは言ってないでしょ!」
 そんなみらいの様子を見たリコは、慌てて彼女の手を取り、きゅっと握る。
「ほんと?」
「え、ええ。ちょうどいい機会だし、飲んでみてもいいわ」
 キラキラと輝く瞳に見つめられ、本心とは違う言葉を言ってしまったリコは、罪悪感で顔を逸らした。
「じゃあ、早速ウチへレッツゴー!」
「ええ? ちょっと待って、みらい。先に買い物でしょ? 来週の旅行に向けて、服を買いたいって言っていたのはみらいの方よ」
「えへへ~、そうだった。嬉しくてつい」
「もう、仕方ないんだから」
 分かりやすく喜んでいるみらいの様子に、リコまでテンションが上がる。
 お酒を飲むことに多少の不安はあるが、みらいの満開の笑顔が見れたのだから、結果的には良かったのかもしれない。リコは、みらいの笑顔を見ながらそう思うのだった。
 
 
      ◇
 
「はい」
 みらいの家に着くと、そのままダイニングへ直行した。みらいはすぐにキッチンに向かうと、何かの準備を始める。何をしているのかと聞いても、「リコは座って待っててね」としか言ってくれず、仕方なく、リビングでみらいが戻ってくるのを待つ。
 しばらく待っていると、カフェオレのようなものが入ったグラスがリコの目の前に置かれた。
「これは……?」
「カルアミルクっていうお酒だよ」
 みらいの言葉に、リコは目を丸くした。
「これがお酒? ジュースのように見えるけど……」
「見た目はね、でもちゃんとしたお酒だよ……さ、飲んでみて?」
「う、うん」
 リコは恐る恐るグラスを手に取ると、ゆっくりと口元へ持って行く。グラスを近づけると、甘い匂いがふわりと香る。
「――おいしい」
 甘い匂いに誘われるように一口飲むと、まるでコーヒー牛乳のような味に、リコは目を丸くした。
「ほんと? 良かった~」
 それまでリコの横顔を真剣な眼差しで凝視していたみらいは、ほっと肩を撫で下ろして、表情が緩む。
「あ、リコ。でもそのお酒、あんまり飲み過ぎちゃダメだよ。甘いけど、結構強いお酒が入ってて、すぐ酔っちゃうから」
 続けて飲もうと思っていた矢先、みらいに注意をされた。確かに、ジュースのように甘い上に、アルコールの嫌な味がしないので、何杯でも飲めてしまえそうだった。だから、みらいは小さなグラスに半分程度しか入れていないのかもしれない。
リコが、カルアミルクを飲み終わると、みらいは「じゃあ、次のやつ用意するね」といって再びキッチンへと向かう。
「へい、お待ち!」
 寿司屋の大将にでもなったつもりなのだろうか、勢いの良いみらいの発声と共に、グラスがテーブルの上に置かれる。今度は、イチゴオレのような見た目をしていた。
一杯目のカルアミルクで気分を良くしたリコは、迷うことなくグラスを手に取り、そのまま一口飲む。
「おいし~♪」
 見た目通り、味はイチゴオレそのものだった。リコは、ジュース感覚で一気にグラスの中身を飲み干す。
「あの~、リコさん……そんなに一気に飲まないほうが……」
「おかわり!」
「あ、はい」
 リコは、ほんのり頬に赤みが差し始め、ご機嫌な様子でおかわりを注文する。「次はどんな味かしら」と最初から比べるとずいぶんと楽しそうで、みらいの言葉が聞こえていたのか、かなり疑問だ。みらいは、そんなリコの様子に一抹の不安を覚えつつ、キッチンへ向かうのだった。

(サンプルはここまで)
----------------------------------------------------

スポンサーサイト

テーマ : プリキュア
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タイヤキ

Author:タイヤキ
サークル「前に詰めて下さい」のページです。
『魔法少女リリカルなのは』と『プリキュア』ネタが多いです。

【メンバ―】
タイヤキ:SS担当
こじょ :表紙・挿絵担当
てんぷら:ドット絵、その他

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。